読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全部言っちゃうね。

全てを公開。

聖域を侵す民

牛丼を食べる時は誰と食べますか?
友人?家族?
大半が一人で食べると思います、
牛丼はパーソナルな空間であって欲しい。
そう思って
す○屋に入店したわけです。
私が入店した際は空いていたため
カウンターではなく
テーブル席に座りました。

テーブル席は二人席と二人席の間にメニューが置いてある構成。

テーブルにオススメメニューがシールで貼ってありました。

という状況。

しばらくすると満席に。

カウンター席が溢れ

眉毛ボーボーの(仮)田中 茂
が私の横のテーブルへ

これ以上、茂って欲しくない。

近寄るな!




そして私の机を指で指してこれください!

なんと!

この 田中 茂は机を注文?





私の机のメニューを注文したのだ。
メニューにも書いてあるのに。


わざわざ。
せめて視界の片隅で見て暗記して口で注文しなさい。




俺もお茶を追加でくださいと

田中 茂のコップを指差して
注文してやった。(嘘)