読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全部言っちゃうね。

全てを公開。

僕が整備士になった理由 2

僕が整備士になった理由

続き

整備士になった理由というか経緯になりましたね。

ではどうぞ。

最初から中古車しかダメだと親に言われていた。
そのチラシの店の中古車のラインナップには欲しかったYB -1は

無かった。

ヤマハのジョグ アプリオ

リトルカブ

この2択だった。

アプリオは明らかに見た目が長靴だった。
しかも車体色が黒だったため
より一層長靴らしさを引き立てていた。

もう選択の余地は無かった。
リトルカブだ。

リトルという名前は非常に気に入らないが、左にメッキのゴツゴツしたシフトペダルがあるではないか。

シフトペダルがあるバイクに乗ることは
その頃の私のロマンだった。

男=シフトペダル
女=スクーター
という偏見。

いや男の中の男=シフトペダル
だ。
やわなハートでは乗れない。

そしてそれを俺は買った。
いや
男の中の男になった。

男の中の男はママとパパにバイクを買ってもらった。

走行距離は18000km
65000円だった。

父はぼったくりだと呟いたが、
もう自分のハニーに対しての暴言に
傷ついた。

そう、それは愛。

愛が目覚めた瞬間だった。

続く。